*二百五* あーばいうー

ちっこい女子大生ほにょみがでっかい中国で暮らす日々。 毎日がステキ・発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五・四運動記念日だったけど…

「5・4運動」記念日、反日デモ抑え込み

 【北京=竹腰雅彦、香港=関泰晴】中国政府は、1919年の愛国抗日運動「5・4運動」記念日の4日、北京や上海など各地で厳戒態勢を敷き、反日デモを抑え込んだ。

 北京の日本大使館によると、中国本土でデモの発生情報はない。香港では、当局の許可を得た親中派政党の約80人が抗議集会を行ったが、混乱はなかった。中国の反日活動はヤマ場を越え、当面、沈静化に向かうとみられる。

 中国では先月から、5月4日に全国で大規模反日デモを行うとの情報が広まっていた。同大使館などによると、上海、重慶、江蘇省南京、浙江省温州、山東省青島、広東省深センなどで、4日のデモを呼びかける事前情報があった。(深センの「セン」は土ヘンに「川」)

 北京の天安門広場では、4日午前、児童生徒約1万人が動員された5・4運動記念行事が行われた。周辺には警察のバス十数台が待機、一般人の広場立ち入りが禁止された。デモ発生を警戒した措置と見られる。日本大使館、大使公邸周辺にも1000人規模の武装警察官が配置された。

 上海では、日本総領事館周辺の道路のコンテナ封鎖が続き、広東省の深センでは日系スーパー前に数百人の警察官が動員され、広州の日本総領事館周辺でも警察官が10メートル間隔で立った。(深センの「セン」は土ヘンに「川」)

 中国では、今後も、盧溝橋事件(7月7日)、柳条湖事件(9月18日)などの抗日記念日が控えており、反日活動が完全に収束するかは予断を許さない。


========================================================
以上、Yahooニュースより引用。

この記事にも書いてるけど、私もホントに中国の反日感情は山場を越してると思う。

「抑え込み」とは書いてるけど、今日が5月4日だってことを踏まえても(北京に対抗してデモが酷くなったという上海はともかく)、私的には北京でもうあんなデモは起きないでしょ~、と高をくくってました。そんで普通に引きこもってました。

だってねぇ。

今回の反日ブームだって一時的なものだっただろうし、そもそも一回盛り上がっちゃうとそれを継続するのって難しいだろうから、こういうのって収束は早いんだよね。
ましてやイラクみたいに命がけの問題が起きてるわけじゃないんだし。

ハッキリ言って、中国の反日ブームって『ヒマでプライドの高い学生が愛国心振りかざしてストレス解消しただけ』っていうトコが大きいんだと思うもん。
実際、韓国のほうがタチ悪いよ。アレはなんか救えないよね…

それにしても、二回も出てきたこの(深センの「セン」は土ヘンに「川」)にミョーにウケて、笑っちゃいました。
いや、仕方ないのは分かってるんだけどね。分かってるんだけど…2回も…(笑)

【ランキング参加中♪クリックしていってください(*゚▽゚)ノ】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。