*二百五* あーばいうー

ちっこい女子大生ほにょみがでっかい中国で暮らす日々。 毎日がステキ・発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にくいやつ、ねつのはな

『熱の花』って知ってる方、います?

ちなみになんて書くのか知らないんですが、『ねつのはな』といいます。
これ、日常的に使ってる人じゃないと絶対に通じないと思います。
方言だと思うんですけど、やっぱり広辞苑で調べたても見当たらなかったんですよ。

友達には「何よそのエロいネーミング!熱の花!?官能小説じゃん!!」と爆笑されたわけですが、この『熱の花』、とっても憎いお方なのです。

だから一体何なのかというと、これ、
【唇もしくは唇のキワ・口の中ギリギリにできる口内炎のようなにきびのようなおできのようなもの】
の総称です。
これができちゃいましたんです。
いーたーいーー。
口内炎よりは悲惨さは低いけど、微妙に熱持ったような痛さが憎いー。
(ハッ!だから『“熱の”花』って言うの!?今気付いた!!)

この言葉を知らない地方の友達には
「それって口内炎でしょ?何で別名付けてんのよ」
と一笑に付されるんですけど、、

違うの!口内炎なんてメジャーな奴とは!!(←こだわり)

だって口内炎は口内炎。熱の花は熱の花であってそれ以外じゃないんですってば。
しかも『“口内”炎』だって言うくせに、コレはそもそも口の中にもないでしょ。道理が成り立たないよね!!(え?笑)

できる原因もほぼ…ていうか同じなんですけど、強いて言えば
・『口内炎』は栄養の偏りのせい。
・『熱の花』は疲れがたまった時・ピークを過ぎる頃に最後っ屁をかます奴!
という認識なんですけども。どうでしょ。


ていうかむしろ皆様、『熱の花』知ってる方ってどのくらいいらっしゃるんでしょうか。
いやまさか私だけなんて事は、、…あるのかな。
エエエそんなぁ(T□T)


いや、まさかコレができちゃうのが私だけってことは…ないですよね?(笑)


【ランキング参加中です♪よろしくおねがいします】

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。