*二百五* あーばいうー

ちっこい女子大生ほにょみがでっかい中国で暮らす日々。 毎日がステキ・発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺電話にご注意・1

中国に留学しに来た女の子の中でちょっと問題になっているのが

「○○さんいますか詐欺」

です。これ、大学側は何も知らないのかなー。
中国の副首相がドタキャンして帰っちゃったりしてるって言うのに、なんでそれに触れずにこれを取り上げたかと言うと、、
今、リアルタイムで私がコレに遭ってるからです…(´・ω・`)

…で、どういうものかというと。
まず、入寮してすぐ(3ヶ月前です)くらいに、留学生のもとにはなぜか中国人の男の人(それも複数)から電話がかかってくるんです。

「○○さんいますか?僕、○○の友達なんだけど」

違う名前なので、当然否定しますよね。
それから間違い電話ですよ、と言ってあげました。これも当然ですよね。

そしたら彼はこう来たんです。

「えー?あり得ないよ!この部屋は僕の友達の○○の部屋だったはずだ。君が住んでるなんておかしい、どうやってその部屋に入居したんだ!?てことは君、彼女の友達なんだろう!そうに違いない!彼女はどこに行ったんだ!?僕は彼女に会いたいんだよ」

…わけが分からないので、お探しのその子は学期が終わったから国に帰った、ここにはもういない、この部屋は学校から割り振られただけで彼女のことは知らない、といった旨を、拙い中国語で必死に説明しました。

「それはあり得ない(←なぜか言い切る)どうして君がその部屋に住んでるんだ!どうしたら彼女に会えるんだ、…(以下同様、繰り返し)」

このやり取りが10分ほど続きます。
途中でイヤになって切ってもまたかかってくる!!Σ(´□`;)
寂しく一人で中国に来てしかも頼れる知り合いも殆どいない中、いきなりこんな電話が来たら否が応にもイライラしますよね。
いい加減我慢も限界なので、当然こっちもキレます。

「だから帰ったっつーの!!まだ分からんのか、アァ!?」
(ホントにこのくらいの語調で言った)

こっちが大声でキレてみると、途端に態度が変わりました。

「あー、ごめんね。分かったよ、彼女のことはもういいよ。で、君はどこの国の人?


…これ、中国人の男子学生が女子留学生を捕まえる時に本当によく使うテだそうです。
後で知った…。
中国人学生(それすらも怪しいけど)の間では「女子留学生と知り合う手っ取り早い方法」として、こういう手口がものすごい多いみたいなんです。
寮の電話は続き番号になってるので、あてずっぽうでかけても寮のどこかには繋がるんです。
しかもナンバーディスプレイみたいな代物じゃないから安全だし。…そこまで考えてやってるのかは分からないけど。
ちなみに男が出ると「あ、間違えたよ」ですぐ切るみたいです。わかりやすっ(゚□゚ )!!


「日本人?ちょうどよかった。僕、日本語を習いたいと思ってたんだ!僕に日本語教えてよ!君は中国語の練習になるし、一石二鳥でしょ?」


…この『中国語の練習になる』に一瞬でも惹かれた私が馬鹿だったんです。
まあ、時々電話で日本語教えるくらいなら…ってのが甘かったみたいです。


「うーん、それはいいけど…」

そう返事してしまいました。





…長くなるので続く。(笑)




と言うか、友達でこういう詐欺電話を受けた子は結構多いんです。
女の子なら殆どと言っていいほどこの種の電話を受けてます。
が、その大半が「間違ってますよ」の時点で終わってくれるか「色々聞かれたけど、その後こっちから切ったらもうかかってこなくなったよ」と言ってました。

そうか…そうなのか。
これは私だけがまんまと引っかかったわけなのか。

友人達には総じて『甘いよアンタ』とお叱りを受けました。…今更反省。
変な人でも口語の練習になるって思ったんだもん…
イヤでもね、だってね、今だから皆そう言えるけどあの時の私の状況だったらわかんないよ絶対。記事にするために端折ったけど、心から日本語教えて欲しそうだったんだもん…!
こっちだって右も左も分からない時にそんな事言われたら、口語上達のチャンスだーって思うじゃないさ!!


いわば、中国人の思い込みの激しさと無神経さをまだまだ甘く見ていたことによる失態でした…。


それでは後半で。



ランキング参加中です♪よろしくです!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。