*二百五* あーばいうー

ちっこい女子大生ほにょみがでっかい中国で暮らす日々。 毎日がステキ・発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺電話にご注意・3

こんばんは。
忙しさにかまけてものすごい勢いでココほったらかしにしてましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

それでは早速。その1その2の続きですので、できたら前二つを先に読んでくださいです。

----------------------------------------------------
その3 ~お勉強になりました~


しばらくかかって来ていなかった、その中国人さんからの電話。
安心しきっていたところに、一本の電話がかかって来ました。

私「うぇいにはおー(もしもし)」

(一瞬沈黙)

「じえじえー!」

…彼でした。忘れてたのに。

私が滅茶苦茶ビックリしていると、彼はそんな事にも気付かず、しかも前私が言ったことなんて全く気にしていないような口調で唐突に言いました。

彼「きみって○○楼で授業してるでしょ♪」

…ええ!?その通りだよ!どっから漏れたのさ!!??こ、怖…!

私「…何であなたが知ってるの?」
彼「え?そりゃあ僕が君のことを知ってるからだよ」※名前と声しか知りません
私「そうじゃなくて、何で場所が分かったのか教えて欲しいんだけど…」
彼「えへへ、それは秘密さ。じゃあね」


そこで電話は切れたんですが…正直、これ、かなりの恐怖でした。

最初の電話で私のほうは(成り行きで)名前を言っっちゃったし電話がかかってきてる時点で宿舎の場所はバレてるんだけど、実は私、彼の名前も素性も顔も知らずに電話してるんですよ。ずっと。知ってるのは、恐らく学生で、大学の中に住んでるってことくらい。
そんな『知らない人』に、なぜかこっちの情報が勝手に漏れていく…って、思った以上に恐怖だったです。

ホント、どこで漏れたんだろ…。今も分からん。
名前と電話番号を使って服務員に問い合わせたとか?
万が一そのルートで漏れてたら、中国、セキュリティやばすぎですぞ。


それからまた数日後、夜中に再び彼から電話が。
すごく嬉しそうな声で、彼は言いました。

彼「ちょっと聞いていい?じえじえ、今日テニスしてたでしょう?」
私「え…?してないよ」
彼「そっか、人違いか~。あんなに似てたのになぁ」


ん?似てた??
彼とは電話で話しただけで会ったことはないはず…

私「いや…似てたって、あなたは私の顔知らないでしょ?」
彼「え?何言ってるんだよ、知ってるよ?


まじでΣ(゚□゚lll)

私「…え!?何で!?いつ見たの!?」
彼「一度、君を××食堂で見たことがあるんだよ
私「…?」
彼「そのあと君の宿舎の前で君に挨拶したけど、君は気付かなかったんだよー」



…何度も言いますが、彼とは会ったことはありません。


私「あの…聞きたいんだけど、何で食堂のその子が『私』だってわかったの?」
彼「ん?だって僕は君を知ってるからさ
私「じゃなくて!だから、じゃあ何で私の事知ってるって言えるの?」
彼「だからね、言ってるじゃない。食堂で君を見て、宿舎の下で挨拶して…」
私「じゃなくてー!!その、あなたが挨拶した女の子が私だっていう根拠はどこにあるの!?って聞いてるの!!」
彼「ははは。何回言えば分かってくれるのかなぁ、その時僕は××食堂でご飯を食べていて、そしたら偶然君がいて…」
私「…だーかーらーーー!!!!!」
彼「??こんなに説明してるのに何で分かんないのさ?


…イライラしますよね…?
していいですよね…?(泣)

私の中で、何かがプチンと弾けました。
彼はまだ何か喋ってたみたいだったけど、そこで電話を切りました。

今まで生きてきて培ってきた理解力というものを疑ってかかったほうがいいのかも、とさえ思わせる感じでした。「もしかしたら、むしろ私の理論付けの仕方とかそういうものが間違ってるんじゃないのか?」と一瞬錯覚しそうになりましたよ…。
なんだか、アレです。
この世の中には自分の予想を超える人間なんてそこらへんにいるんだということが嫌と言うほど解りました。

でも、この電話で気になったのが「××食堂にいた私に気付いた後、宿舎の前で声をかけた」というくだりなんですけど。
食堂から宿舎って、実際かなり離れてますけど、あの、それって私(らしき人)の後を付いて行ったと考えて間違いないでしょうか…
しかも以前聞いた彼の住居は更にそこから自転車で15分ほどかかるところにあるんですよ。
この食堂の周りは教室楼もないし、ええと、何しにいらっしゃったんでしょうか…

スッポン並みに粘着くん状態な彼。
もちろん、こんなんじゃ終わってくれないのでした。

それからの彼の電話はアレな方向にエスカレートして行ってしまい、

「じえじえ、何で食堂に来ないの?朝昼晩ずっと××食堂にいたのに。今日の夕飯は来るよね?一緒に食べようよ」

「今、君の宿舎の下にいるんだ。降りてきて」

「週末はずっと君の宿舎の前で待ってるから、出てきて。一日中待ってるから」



自分のことだから思い上がりやさんみたいで言いたくなかったんですけど、、
あの、コレってストーカーもどきじゃないですか…?
さすがに嫌気が差して、それからは「彼だとわかったら話の途中で切る」を繰り返してました。
相手はホントに悪気がないみたいだから、キツい態度をするのが心苦しくて、すごいストレスでした。

こういうストレスもあるんだってこと、初めて知った…(ρ_;)

それでも毎日同じような電話を繰り返すので、ものは試しに「今週から彼氏も中国に来た」と嘘をついてみました。
そしたらなんと、電話がぴったり止みましたんですよ。びっくりです。
前から彼氏がいるのは言ってたんだけど…日本にいるのは敵じゃないとでも思ってたのかも。もっと早くに言っとけばよかった。


…これで、私の戦い(?)はあっけなく終わりました。
以来、彼からの電話はかかってきません。

でもその代わり増えたものがあります。


それは無言電話とワン切り。


やーめーてーーーーーーーーー(T□T)



これからは人に対してきちんと判断できる見る目(今回のは聞く耳…?)を養おうと固く誓ったほにょみでした。
ホントに勉強になりましたです。

留学生女子のみなさま、これから留学しようとしている女性のみなさま、ネタじゃなくて本当にこういう人がいるので気をつけてください。。けっこう病みます…。
実は、聞いたところ私だけじゃないみたいなので。
一連のエントリーは私の苦労が、ネタが、だけじゃなくて「多くはないけど、こういう事が実際に起こってるんです」ってことを伝えたいってのもあって書きました。
やっぱ何も知らずに行ってこういう状況に陥っちゃうと、絶対「中国の嫌なトコ」の一つになっちゃうもん…。


※この記事の内容は中国人、また中国人男性全体に当てはまるものではありません。私の遭遇した一人の人間について書いた記事ですので、他の中国人男性がみんなこうだとするものではないことを明記しておきます。大部分の人たちはいい人です。誤解のないようにお願いします。m(_ _)m

ランキング参加中。クリックよろしくです~♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。