*二百五* あーばいうー

ちっこい女子大生ほにょみがでっかい中国で暮らす日々。 毎日がステキ・発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛って何なんだ

ごぶさたしてました。ほにょみです。

実は彼氏が心配して中国まで来てくれて、ここ数日相手をしてました。
心配なんてしなくていいのに…ていうかむしろ中国語全くわかんないのにホイホイ何も考えずに行動しちゃうアンタの方が心配だったのよ私は(笑)

すごく嬉しかったです。
何のツアーも組まずに、ホテルと航空券だけ取って、私に会いにだけ来てくれたんです。

でも、なんか…。
実は一緒に過ごしてる内に、色んな考えが芽生えてきたんです。

今まで漠然と思ってたことが、本人を目の前にして重みを増したのかもしれないです。


日本でいるときは『落ち込んだ時に慰めてくれる人』『辛い時に傍にいてほしい存在』だった“彼氏”っていうものが、実は今回、何だか逆の存在に思える時があって。

一人で(?)中国に来て、知らない土地、知らない人たち、慣れない言語に囲まれて、自分的には必死で2ヶ月生活してきたと思ってる私としては、彼氏に「甘やかされる」ことに拒否反応が出たような気がしたのでした。
「自分で頑張ってやってきた」んだというちゃちぃプライドとか、「やっと精神的に強くなってきたかもしれない」という微妙な自信とか、そういうものが“無条件に甘やかされる”ことで崩れそうな気がして、なんか、ものすごく嫌だったんだよ…。やっぱりつくづく子供っぽいよなあ、私。。
せっかく来てくれたのに、こんなこと考えてごめんなさいですよね…。

でも、
「こんな事もしたんだよ、あんな事もしようと思ってるんだよ、前の私だったら考えられないでしょ~!」
という感じの話を自慢げに(笑)した時、若干ながらもそういう『変わってきた』私に対して
「お前のそういう所は偉いと思う。でもそんなお前はちょっと嫌だな、俺としてはもっとこう、無邪気な方がいい」
「お前がしたいと思ってるのは危ないことばっかりだからやめろ。あとは中国人には気を許すなよ」
と言う彼氏を見て、“彼の望む私”と、“私の望む私”の像が逆方向を向いてる事を知ってしまった気がしたんです。

どうしたらいいんだろう…

今回は留学に来て初めて恋愛観について考え込んでしまいました。
思ってたより、もう少し真剣に考えなきゃいけないみたいです。


恋愛って何なのか、彼氏の存在って何なのか、色々ほんとにわかんなくなってきた。辛いよ…。
こんなエントリーでごめんなさい。賛否両論あると思うけど、もし何か思うところあればアドバイスしてやってください(ノ_・。)

ランキング参加中。クリックよろしくです!

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/04/28(木) 17:22:11 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://250.blog6.fc2.com/tb.php/40-50215ffe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。